カテゴリ:未分類( 52 )

6月22日、夏至。

図書館で借りてきていた「ガマ〜遺品が物語る沖縄戦」という本
今朝田んぼから帰ってきて何気なく手に取ったら
ちょうど70年ほど前の今日にあったことが書かれていた。
単なる偶然に思えず何か書き留めておこうと思った。

この国を舞台に繰り広げられた大きな戦争
それが終わってしばらくして生まれてきたわたしたちは
戦争のことを知らないわけじゃない。
いろいろないろいろな思いのしみ込んだ土や水と
まっさらな風がまじりあって生まれてきた。
からだにしみ込んだ記憶がよびさまされると
涙が涙が溢れてどうしようもなくなるよ
もうやめてほしい。思い出したくない。だから興味のないふりすることもあった。
だけどその中を生き抜いてきた人は言っている
まだ終わってないって。

今あらためてあの時の辛かった苦しかった思いに目を向ける
よみがえる無念さや寄せ場のない怒りから目を背けない
誰が悪いんじゃない、誰も憎みたくなんかない
そうしかできなかった自分がいただけ
悔やみもしたぶん
死んでも死に切れやしなくてまた生まれてきた
あのときこうはできなかった思いを抱いて生まれ直してきたよ
こうしなきゃいけない
そう強く決めすぎたことで自分で自分を追いつめてたよ
なんで?どこにその結び目が?
それは今のわたしの日々の選択ひとつひとつにも潜んでいる
小さな小さなまちがい
誰かが悪いんじゃない、悪いこともある、それは誰かにしかわからない。
ほかのものをせめるより、ただじぶんのそこをつきつめて、
つきとめて、それをゆるす?
(はびこるままにさせる訳ではないよ
手入れをしつつなるようにまかせつつ大きな目で育ててゆくの
ガン細胞は叩くよりも共存へ)

誰もまだわからない未来
わたしたちは戦争をしないためにも戦わない
もうあの時と同じような状況は取り揃えられつつある
静かな平和の見せかけの中で
ひそかに苦しんで先行きに持続的な不安を感じながら
生きるのは
もうやめる

心から望んでいる声を押し殺したりしない
活き生き息をする
日々一日

何が好き?
何を信じてる?
今どうしたい?
こたえはいつだって自分の中にある
ゆずらない。
そのまま手をつなごう

植物はこの星の偉大な先住民だ
つねに侵略と調和を編み込んで進化している
わたしは彼等からいろんな情報を得て
共に生きることを選ぶ

わたしたちは植物と共存して天と地をつなぐ
空の向こうからも声が聴こえる
忘れない
わたしたちはまもられている。


[PR]
by medine | 2015-06-22 22:16

仲間

仲間はその相手よりそういう状態
人の中の間
人と人との間
一人の中の間

くっついたとしても
はなれたとしても
そこにある間を感じている状態
そこにあるのはやっぱり
あいだ

馴れ合うことより輝きを引き出すことに喜びをおぼえる

絡み合ったら忘れていたことを思い出してもつれを解く

年齢も性別も時空もこえて
一人の人間の存在もこえて
あいが引き起こす関わりあい

そこに存在する仲間
からだに存在する仲間

大切にしたい
あいだ




[PR]
by medine | 2014-09-07 11:00

くすり

まずはわたしがくすりであろう
たいそうなことを言わせていただいています。

薬局で働いていたときわたしは
こうしたい
こうしなきゃいけない
の間で挟まれたような気持ちになることがよくありました。

港町の薬局にいたころ
いつも来るパーキンソン病の旦那さんを連れた奥様にきかれました。
「この薬を続けてのめば病気は治るんですか?」
パーキンソン病とは
脳内分泌のバランスが崩れて神経の変性が進行していく難病のひとつ
主に運動機能が障害され、ふるえやこわばりやかたまりが体に現れる。
根本的な治療はまだなく、薬で症状の進行を抑えている状態だ。
そんなことも主治医からは説明を受けているだろうに、奥様はわたしにそうきくのです。
そういう時、わたしはいつもこのように答えました。
「治らない病気はありません。ただ、この薬は症状が進行するのを遅らせるものです。」
奥様は明らかにがっかりした表情を浮かべました。
そして次の月、薬局には旦那さんが一人で来店されました。

わたしは悩みました。

薬をのみ続けなきゃいけないという指導には限界がある。
薬はきっかけであり選択肢のひとつにすぎないから。
正しいことをうまく伝えてあげたい。それでも
奥様は、信じていたものに裏切られたような気持ちになってしまっただろうか。
わたしの伝え方がいけなかったのじゃないか。

港町の薬局には医療過疎地区への派遣業務で来ていたため、
一人で考える時間がたくさんありました。
考えれば考えるほど、矛盾しているような気になりました。
わたし自身が、信じているものと信じてないものを一緒にしてしまっている。
頭で考えたことをいくらうまく伝えようとしても、
伝わるのはわたし自身から出てくるものなんだ。

落ち込みました。
そんな気持ちに取憑かれないようにするかのごとく、
休みの日などはYOGAや散歩に夢中になりました。
それはそれ、これはこれ。
世界にどんな問題があっても今ここで生きてることを笑えるのが大事。
わたしの中にはいつでもそんな思いがあります。
それを時に折れて大切な人と確認しながらここまできました。
それは苦しいときに自分を解放する原動力になっているかもしれません。
すべてはつながっていて逃げることはできない。
からこそ今ここで生きるをよろこぶ力がほしい。
涙が出そうになるときはいつもからだからその思いが沸き上がってきます。
あまのじゃくなのかな?泣ければいいのにって時もあります。

港町の薬局には、東京に住みながら月の半分出張滞在するのを3年ほど続けていました。
都会よりも患者さんもスタッフもラフで癖の強い人間が多い気がします。
わたし自身が変化に身を置いていたので感じやすくなっていたのかもしれません。
薬局業務以外のたくさんのことを身につけた現場でした。

あれから明らかに例の旦那さんの表情がやわらいだ。
数ヶ月が過ぎて薬局のスタッフの中でそんな話になりました。
わたしが奥様と話をして、もしかしたらがっかりさせてしまい、
奥様は来店されなくなった。
そして旦那さんが一人で薬をもらいにくるようになった。
あれから。
確かに、一所懸命にこわばった手足を突っ張るようにしながら、
それでも笑顔を見せてくれるようになった。
わたしも自然と笑顔になり、わだかまっていたものが溶けていった。
また数ヶ月後、それまで一度も喋らなかったその人が「ありがとう」と発音した。
そしてある時からまた奥様も一緒に来店するようになった。
変わらない静かな微笑みを浮かべて

すべて言葉でやりとりをしたわけではありません。
ただ、わたしは二人の表情の中に、こちらへ送り返してくる何かを感じました。
そこから何を学んだか、それは思い出すたびに違います。
ただ、あの笑顔が忘れられずに心に残っています。
今こうして書いてみると、改めて自分の未熟さに戸惑います。
そして、それでいいのだと思います。

そこからわたしは本格的にマッサージをはじめます。

まずはわたしがくすりであろう
思い立って
それが
たいそうなことだと自分に言いきかせつつ
それは
たいしたことじゃないんだよと伝えたくて。


長いお話でしたかね







[PR]
by medine | 2014-08-09 11:43

つまらない

つかれた
つまらない
・・・
ネガティブなことばだから
使わないようにしよう
なんて
つかれちゃうしつまらない

つかれた
ときは
とりつかれたようにはたらいた後の一瞬
切り替えの一瞬
つかれたー
(ああよかったねー)
つかれは去ってゆく

つまらない
ときは
詰まりないよう満たされた瞬間
なにかが完結した瞬間
つまらないー
(さあまたはじまるー)
つまらないは天に召す

じゃない?
そういうことも
ありゅます
ね。






[PR]
by medine | 2014-08-05 19:07

ただいま発酵中

ある日ある時
突然にハッと
なあんだそういうことだったのか
いうような
誰にでもある体験

その瞬間
わたしたちは発酵しています。
しゅわしゅわ〜

その時のわたくしに起こっていることを詳しく言い直します。

ある日ある時
突然にハッと
それまで思っていたこと
自体
かんちがい
かも
というおとずれとともに
取り巻く世界は
ここもあそこも過去も未来もないまぜになって
すべてはまるで笑っているかのように震えだして
いろいろなことが泡のようにはぢけて
体の行く先を決めていた力がゆるみ
しゅわしゅわ〜
なんだそういうことだったのか
ポン
いうような体験

誰にでもある発酵の瞬間。
b0191196_13185419.jpg
発酵とは
微生物が有機物を酸化してエネルギーの産生されるはたらき
有機物とは
おもさを持ち目に見えようとするものの集まり
酸化とは
動力である電子をもらうこと
もらったら動かずにいられない
そして
目に見えているものが
目に見えないものにかわる
目に見えていなかったものが
目に見えるものにかわる
神秘の転換
本来起こりつづけている働き
有機物⇄無機物
陰⇄陽
酸化⇄還元
常に円を描いて循環するベクトル
そのうちの
生から死へ向かう持続可能なプロセス

ちょっと想像しただけであらゆる可能性を感じる分野です。
発酵したわたしは
もう発酵しかないな〜とか思いながら
日々せっせと発酵モノとの接触を試みています。
多くのお友達のところを廻ってきていただいたものはその度に極上になる気がします。
少し放ったらかしにしてしまい動きを止めたようにみえたモノが
再びしゅわしゅわっと息を吹き返す瞬間などに立ち会うと
からだの中でも宇宙でもこのようなよみがえり現象が起こっているのだと
いい知れぬ感動を覚えます。
じゅわじゅわ〜
b0191196_13210971.jpg
発酵それは
わたしたちのからだの中で
いろんなレベルでnow here進行中
食べ物も情報も何事も
いいとこどりで役立てたらいい
すべてが雑多な世の中で
腐ってるより発酵してたいね
はぢけていこう♪
レッツしゅわしゅわ〜






[PR]
by medine | 2014-07-29 13:05

はだか

はだかのこころに
からだをまとって

きずついたなら
だきしめて

うれしくなったら
てをひろげて

むすんでひらいて
むすんでひらいて

ここからすべてがはじまるよ
b0191196_16284011.jpeg
energyとか気って言うのはみんな愛のことでもあるんだね


[PR]
by medine | 2014-07-03 16:34

ART

おともだちの小さなBIGアーティスト
まるちゃん(小4)の絵
b0191196_11151905.jpg
二人とも初めてのレコーディングに参加したとき
一緒にスタジオの守り神だねと決めた亀の水槽を掃除して
そのあと描いた絵
亀マンダラ
この後ここにみんなの名前がかきくわえられてゆく
ZYUNKOTYAN
MARUのくれたわたしの名前はとってもわたしらしい。
b0191196_11145312.jpg
麻琉に大きなリスペクト★
かみさまもよろこんでラッキーナンバー1の影絵をくれちゃう
ちいさなからだにおおきなまんまるハート
こんなおともだちに出会うたびにふれあうたびに
わたしの中に
みぢかいときを心のまんま楽しく生きようという
決意が
確かに芽生えているのを感じる

むずかしいことじゃない
でも簡単なことでもないですよ
それを今
みぢかに生まれてくる生きている子どもたちは教えてくれてる
と感じていまいます。

ART

薬屋の窓口に立っていた頃
「くすりはもっとARTでなくちゃ」
漠然ながらも心はいつもそう感じていたな

ARTはいのちの発動
からだを通してあらわれる愛
それに出会っただれかのいのちがまた動きだす
いきものといきものの間にしかけられた生きるくすり

そんなものでつながれたのびやかな関係はいつでもわたしを生きイキさせる
センキューかわいいおともだち♡ARIGATOラブ
また遊ぼうね☆
b0191196_11150182.jpg

[PR]
by medine | 2014-04-18 12:48

さみしさなどは

b0191196_00223898.jpg
さみしさなどは
いらないといいつつ
ふところにかくしもっている

さみしさなどは
すててきたといいながら
こっそりとそのページをひらく

さみしさなどは
わたしのこころのおくそこに
ひっそりたたえるいずみのように
だれにもしられず生息していればいい

さみしさなどは
よるのさくらがちるのとともに
なにげなくうかぶほほえみのように
ひとしれず風に吹かれているのがいい

(ZYUNKOTYAN)

[PR]
by medine | 2014-04-04 00:25

風邪

風邪で寝込んでいる。
人生という実験の結果、やはり否定的な感情は病と結びつきやすいと確認。
(少なくともわたしにおいては)
このところちょっとその辺りを解放しすぎていた傾向にあった。
このまま行くとヤバいなーと薄々勘付いた頃に発熱。
やっぱりね
ちょっとほっとしている。
出過ぎたら戻されるのだ
これも生きてる証。

怒り、不安、罪悪感、・・・
こういうものに何の意味があるのか
それは生きているのに何の意味があるのかと問うのと同じく
UFOがなぜわれわれの前に出現するのかという疑問と同じく
ただそこに在るということ自体が意味でありメッセージなのかもね。

それがなければ歓びも安心もないし
生きていなけりゃ死ねないし
想像も及ばない世界があるからこの現実が貴重に感じられるし

すべては当たり前の世界を再び輝かせるための布石
するとこの世に生を受けた縁にあらためて感謝の気持ちがおこる
それは生きとし生けるものすべてへの供養
こうして魂を浄化しながらわたしたちは知らずのうちに次元を越えていく
特別なことしなくても
与えられた人生を満喫すれば
その人なりの悟りが待ってる
わたしはそう思う。

知人が亡くなった。
大切な人の大切な存在がこの世から消えた。
そんなこともあってか
昨晩はほとんど眠れずに大それた夢を見た。
三途の川なのか、大きな河の流れの中を船が進む
その河の流れは文字と唄でできていて
うねりながら合唱しながらゆったりと流れていく
そんな夢。
死ぬことは生まれることと同じくらい尊いことだよ
人には生きたいと同じくらい死にたいという欲求もあると思う。
人によってその強さはちがえどもどちらへの恐怖もあって
だから生まれるのも死ぬのも選べない方がいい。
そこまで医療が介入する必要はない
わたしはそう思う。

さあ寝よう。
存分に熱を出してからだの中の要らない細胞をやっつけよう
風邪はそのための大事なくすり。
みなさんもご自愛ください。


[PR]
by medine | 2014-03-20 21:56

雨ニモマケズ

b0191196_13222254.jpeg

[PR]
by medine | 2014-03-07 13:24

日々いろいろなものごとがわたしのくすりになっています。      http://medine.me


by medine
プロフィールを見る
画像一覧