主婦

普段は何をしてる人なんですか?

時々よく聞かれる質問に、主婦です、と応える。
人々の反応は様々だ。

似たような質問を、わたしも時々することがある。が、何だか失礼な気がするので、控えめに思い切って聞く。
遠慮がちにしながらも、どうしても聞きたくなる人と、時々はやはり出会う。
もうそれはその人が何と応えようと、その人の発するものに惹かれてしまったからで、わたしとしては、あなたのことが知りたい、もっと言えばもうすでに、愛してます、の意思表示。
そうでなければ、聞かない。必要のない情報は思考を複雑にする。

物事はできるだけシンプルな方が、何にとっていいかって、自分にとっていい。

愛してるってどういうことか、それはenergyの流れを共にすること。
好きも嫌いもその上での反応に過ぎない。
ときめきと関わると、わたしの内部構造はうれしさのあまり無秩序に拡がってゆく。
怒りと関わると、非ぬ要らないものが淘汰されて身が締まりそこには秩序が生まれる。
それはもうオートマティックな反応で、せねばならない類のことではない。

そうやって感覚にまかせた選択を重ねて生きること、それは女の仕事。

女だ、男だ、と区別しながら話をしつつ、わたしの中には女性も男性もある。誰でもそうでしょ
そんな中で、主に婦であること、を選んでいる。
世界を愛して、世話をしながら育て、育てられ、守られながら、世界に愛されて、
生きている。

主婦ってすばらしいお仕事。

社会で認められることはそんなに重要ですか?
相応の金銭的対価って何が基準?
価値観の根底を覆すようなことは、もうこの世のいたるところで日々起こっていますよ。
そこでこだわって身構えているより、もうちょっとだけからだを緩めて、たおやかに変化いたしましょう。

と、そんなことを、親ほどに歳の離れた友人と語り合った。
数日前の話。









[PR]
by medine | 2015-07-23 10:50 | 暮らしごと~life works

日々いろいろなものごとがわたしのくすりになっています。      http://medine.me


by medine
プロフィールを見る
画像一覧