風邪

風邪で寝込んでいる。
人生という実験の結果、やはり否定的な感情は病と結びつきやすいと確認。
(少なくともわたしにおいては)
このところちょっとその辺りを解放しすぎていた傾向にあった。
このまま行くとヤバいなーと薄々勘付いた頃に発熱。
やっぱりね
ちょっとほっとしている。
出過ぎたら戻されるのだ
これも生きてる証。

怒り、不安、罪悪感、・・・
こういうものに何の意味があるのか
それは生きているのに何の意味があるのかと問うのと同じく
UFOがなぜわれわれの前に出現するのかという疑問と同じく
ただそこに在るということ自体が意味でありメッセージなのかもね。

それがなければ歓びも安心もないし
生きていなけりゃ死ねないし
想像も及ばない世界があるからこの現実が貴重に感じられるし

すべては当たり前の世界を再び輝かせるための布石
するとこの世に生を受けた縁にあらためて感謝の気持ちがおこる
それは生きとし生けるものすべてへの供養
こうして魂を浄化しながらわたしたちは知らずのうちに次元を越えていく
特別なことしなくても
与えられた人生を満喫すれば
その人なりの悟りが待ってる
わたしはそう思う。

知人が亡くなった。
大切な人の大切な存在がこの世から消えた。
そんなこともあってか
昨晩はほとんど眠れずに大それた夢を見た。
三途の川なのか、大きな河の流れの中を船が進む
その河の流れは文字と唄でできていて
うねりながら合唱しながらゆったりと流れていく
そんな夢。
死ぬことは生まれることと同じくらい尊いことだよ
人には生きたいと同じくらい死にたいという欲求もあると思う。
人によってその強さはちがえどもどちらへの恐怖もあって
だから生まれるのも死ぬのも選べない方がいい。
そこまで医療が介入する必要はない
わたしはそう思う。

さあ寝よう。
存分に熱を出してからだの中の要らない細胞をやっつけよう
風邪はそのための大事なくすり。
みなさんもご自愛ください。


by medine | 2014-03-20 21:56

日々いろいろなものごとがわたしのくすりになっています。      http://medine.me


by medine
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る